第23回 ツール・ド・八ヶ岳


日時:2009418() 
天候:晴れ 
気温17(スタート時)〜13℃(ゴール)

主催:ツール・ド・八ヶ岳実行委員会
後援:佐久穂町 佐久穂町観光協会 佐久穂町商工会 臼田建設事務所 
    臼田警察署 南佐久北部森林組合 JA佐久浅間農業協同組合 
    北部消防署
協賛:パナソニックサイクルテック(株) 日精ファルマ(株) キャットアイ(株)
    マトリックス(株) (株)ウェイブワン (株)トーマス17バイシクル事業部 
    (株)ツクイ企画 RGTエンタープライズ 他



本格的ヒルクライムシーズンの開幕を告げる雪の麦草峠を目指す「ツール・ド・八ヶ岳」
冬季閉鎖された国道299(メルヘン街道)で、開通直前に開催され、桜が満開になろうとしているスタート地点から、25km標高差1300mを上ると、雪の残る麦草峠がゴールとなり、走りながらにして、四季の変化を感じられる達成感を存分に味わえる大会だ。
年々人気が高まるヒルクライムレース、今年も盛大に盛り上がった。
雪を残したスキー場の上での閉会式も、この大会ならでは

 


◆中込 由香里

BIKE:SPECIALIZED Ruby Expert
ペダル:Look keo カーボン
ウェア:Wave one
アイウェア:adidas イーブルアイ

野辺山に移り住んでから、MTBレースと重ならない限り出場してきたヒルクライムレース「ツール・ド・八ヶ岳」

6回目の出場となる。

毎年条件などは異なるが、ほぼ毎年自己記録を更新してきている。

今年はどうか?

今回女子は、前回のアジア大会ロードチャンピオンと、トライアスロン北京オリンピック代表選手も出場。

モチベーションも上がる。

レベルの高いレースだった。

前半から一人旅となってしまったが、クラス毎に時間差スタートする為、常にまわりには人がいる。

中盤からは、2分後にスタートしてきた選手達と一緒になり、再びバトルが展開できた。

今の力は出し切り、自己の記録も26秒更新。

気象条件、レース展開を考えると、決して昨年より良いとは言えないし、根拠のない目標タイムにも及ばなかった。

それでも、更新は更新だから、まずは良しとしよう。

ヒルクライムレースに、ロードのトップ選手などが出場する事が少ない中、今回はとても貴重なレースであったと思う。

その差をどうとらえるか。

人事と捕らえてあきらめるか、自分の糧にするか。

少なくとも、今の日本の女子でそれ位は走れるという道しるべにはなる。

今年は、ヒルクライムレースにも力を入れて何本か走る予定なので、しっかり見据えていきたい。

この周辺のあちらこちらの峠も、ようやく解禁。

いよいよ本格的バイクシーズンです。

ばんばん調子を上げていきたいです。

今回、たくさんの方が、1週間前に行った、「ヒルクライム・ステップアップ・キャンプ」に参加して下さったり、大会前日から泊まってくださったり、当日応援に来て下さったりしました。

どうもありがとうございました。

また、多くの仲間で今シーズンも盛り上がっていきたいです。

皆さんよろしくお願いします。


毎年ゴール付近は、2m近い雪の壁だが、温暖化の影響か、
冬に雪が少なかった今年は1m程

Photo by 信州ふぉとふぉと館


レース後、表彰式でプレゼンターを勤める。
Photo by 信州ふぉとふぉと館
◆Resalt
 ●男子チャンピオンクラス
1位 奥村 英哲 MUSUTANG SALLY KAMIHAGI 1時間2分48秒
2位 乾 共行 Team ARI 1時間2分54秒
3位 鎌田 圭介(招待) パールイズミ・スミタ・ラバネロ 1時間2分55秒
 ●女子Bクラス
1位 中込 由香里(招待) team SY-Nak SPECIALIZED 1時間16分19秒
(1位) 野見山 聡子 北摂クライマーズ 1時間29分17秒
(2位) 岩田 由紀 オーレーシング 1時間39分21秒


※本掲載記事の許可ない転載は禁止します。

(C) 2009 sy-nak All rights reserved