2010 JCF MTB ジャパン・シリーズ
クロスカントリー第2戦 箱館山


日時:2010534日  


開催場所:滋賀県高島市箱館山スキー場

天候:晴れ   気温:25
コースコンディション:ドライ


主催:箱館山MTB実行委員会

公認:財団法人日本自転車競技連盟

協賛:ブリヂストンサイクル()()OGKカブト、()マルイ
    近江マウンテンリゾート(株)
、マキノ高原観光(株)
協力:Team MARUZEN 846、Think cycle studio
    (財)ひばり他
募金活動:NPO法人 IBD.Japan

   


Photo by JOKO
Wave one製ワンピースに身を包み、スタートもバッチリ決まる。

使用バイク: SPECIALIZED S-Works Era FSR Carbon
使用タイヤ: SPECIALIZED FAST TRAK LK S-Works 2BLISS (1.8気圧)
●ウェア: Wave one
●アイウェア: adidas イーブルアイ
●サプリメント: WGHpro


第1戦に引き続き、晴れでドライの絶好のコンディションの元、レースが行われた。

箱館山は、GWと言う事もあり、SY-Nak cabinの営業もあるので、前日に会場入りする事が多かったが、今年は二日前に入れたので、ゆとりあるスケジュールでレースを迎えられた。

第1戦の疲れも無く、トレーニングもさほど落とさずにこのレースに臨め、体調も良かった。
グルタミンサプリメントのWGHpro効果か、回復が早い。

レース当日、下でアップを早めに済ませ、ゴンドラで上がる。
スタート時間が近づいても、何か少し緊張感が足りない感じでシャキッとしない感じ。
このレースは、全体の成績よりも1周目の走りを重要課題にしていたので、体が動いてくれるか心配だった。

スタートラインに並んで緊張感を高め、スタートに集中。
スタートがうまく決まり、先頭でレース開始となった。
そのまま先頭を譲る事なく、1周目中盤からの独走でトップフィニッシュを飾る事が出来た。

日本の女子のレースは人数も少なく、混乱も無いので、スタートから全力でいく必要性はあまり無いといえば無い。
どちらかといえば、タイムトライアル的なレースになるので、スタートで乳酸を溜めてしまうより淡々と走った方が良い成績を残せるかもしれない。
でもそれは、1歩世界に出ればまるで通用しない。
スタート、そして一周目というのは、私がずっと課題にしている所で、今は世界を目指して走っているわけではないので、自分の脚質にあった走り方にしても良いのかもしれないけれど、それでも私がやりたいのはクロカンレースなので、そこを重要視しないわけにはいかない。
今年は特にアジア大会にも出場したいので、レースは毎回無駄に出来ない。

今回のレースでは、1番の課題がとりあえずクリアー出来たので、そこは良かった。
ただやはり、大きなパワーは持続出来ないので、ここで踏めないと離されると解っていてもペースダウンしてしまう所が多々ある。
トータルタイム的にも納得出来るものではない。

それでもやはり、開幕2連勝は素直にうれしいし、レースに挑戦出来ている事もうれしい。
1段も2段も上を行く片山選手が帰ってきても、自分の挑戦は続けたいし、彼女の頑張りに負けない気持ちは持っていたいと思う。

応援ありがとうございました。

中込 由香里


WGHproでレースで消耗するグルタミンを摂取

スタート前に、加圧ベルトで血流を促進させて準備完了!

Photo by JOKO
SPECIALIZED S-Works Era FSR Carbon は、今回の様なハード路面のスピードコースも物ともしない最高のバイク!
アイウェアはadidasイーブルアイに、トレイルライトSのレンズをチョイス。シングルトラックの中でも視認性が抜群

土埃を巻上げ、男子エリートスタート!

●女子エリート 5km x 5laps

1位  中込 由香里  team SY-Nak SPECIALIZED 1時間29分27秒47
2位  矢沢 みつみ 1時間31分19秒47
3位  田近 郁美  GOD HILL 1時間32分08秒55
4位  小林 可奈子  AKI FACTORY TEAM 1時間35分10秒25
5位  岩出 愛未  club SY-Nak 1時間39分1秒73
 6位  西尾 美子  焼鳥山鳥R 1時間39分32秒77

●男子エリート 5km x 8laps

1位  武井 亨介  チーム・フォルツァ! 1時間52分42秒69
2位  平野 星矢  ブリヂストン・アンカー 1時間53分42秒56
3位  斉藤 亮  チーム コラテック 1時間54分42秒18
4位  山本 和弘  キャノンデール ファクトリーR 1時間54分51秒46
5位  門田 基志  TEAM GIANT 1時間55分34秒05
6位  Copper Dylan  TREK 1時間56分54秒23


男子エリート初優勝武井選手と


※本掲載記事の許可ない転載は禁止します。

(C) 2010 sy-nak All rights reserved