2011 JCF MTB ジャパン・シリーズ
クロスカントリー第5戦 富士見




日時:20119月18日(日)  天候:晴れ  気温:28
コースコンディション:ウェット〜ドライ

会場:富士見パノラマスキー場
主催:MTBジャパンシリーズ富士見パノラマ大会実行委員会
後援:日本自転車振興会 (財)自転車産業振興協会 (財)日本自転車普及協会
    富士見町 富士見町観光協会 (財)富士見町開発公社 日本MTB協会
公認:(財)日本自転車競技連盟



Photo by 信州ふぉとふぉと館

使用バイク: SPECIALIZED S-Works Era FSR Carbon
使用ヘルメット: SPECIALIZED S-Works Prevail
使用タイヤ: SPECIALIZED FAST TRAK LK S-Works 2BLISS (1.75気圧)
SPECIALIZED S-WORKS SAUSERWIND 2BLISS(1.75気圧)
●ウェア: Wave one
●アイウェア: adidas evil eye halfrim pro S
●サプリメント: WGHpro
●コンディショニング: アスリートネット湘南
●心拍計: Polar RCX5

7月末に肋骨を骨折してから、8月末の乗鞍ヒルクライムで何とか優勝出来るまで回復したものの、ヒルクライムで必要な最低限の事だけをかいつまんだトレーニングをする事が精一杯だったので、9月に入ってXCのレースに必要な、やらなければならない事は沢山あったが、このレースに向けて、コンディションを上げていく事ができなかった。

大きな力を出す事、オフロードでのトレーニングなど、序々にやっていったつもりでいたが、レース11日前に富士見のコースでトレーニングした後に少し腰に痛みが出て、またトレーニングを落としたが、落としたにも関わらず、腰の痛みが序々に増していってしまった。
本来ならば、しっかりとトレーニングしたい時に全くトレーニングが出来ず、重要な仕事も入っていたので身体の調整に専念する事も出来ず、レースウィークに入って出場を見送る事も考えた。

良い走りが出来ない事は解っていたけれど、最終戦に繋げる為にもレースは走っておきたかったし、地元のアロママッサージをして下さる方のお力もお借りした。
随分とましにはなっていったが、富士見のきついコースを走りきるには不安な状態で、金曜の試走も短めで終了させ、土曜は軽くローラーを回すだけにした。
それでも土曜は軽く回すにも、足がうまく回らず、こんな状態でのレース前日は今までにない位悪い状態だった。

幸い、今回は整体師の方がキャビンに泊まって下さったので、身体を診ていただけた。
良い走りが出来なくてもやってみようという気持ちが強くなった。
身体はとても楽になったが、翌朝起きてみると良い感じではなかった。
ところが、そこでもう一度診て頂くと、かなり良くなった感触になった。

ウォーミングアップもいつも以上に身体と対話するように丁寧にやり、レースも前向きな気持ちで迎える事が出来た。

無理はしないが消極的にならないように、1周目は2番手を走行。片山選手ははるか前方を走っているが、今回は頭から外していた。
1周目を終えた時点で早くも腰に痛みがきた。
フィードの後の坂、その後のシングルの長い坂をとてもゆっくりとしか走る事が出来なかったが、2人の選手に抜かれただけだった。
自分の感覚としては、他の選手にもドンドン抜かれ、そこでレースを止めるしかないかな、という感じだったが、2人の選手にも思ったより離れていかないので、もう少し頑張ってみようと思えた。

5周のうちの3周を終え、いよいよ腰がつらく、前を追う事は出来なくなった。
あとは何とか表彰台には立ちたいと思い、4周目、5周目とラップを大きく落としながらも、3位でゴールをする事が出来た。

自分のコンディションを考えれば、上出来の結果であったとは思うが、自分の力を思いきり出せるレースが出来ない事はとても不甲斐ない。
前回のさのさか、今回の富士見とも、痛みとの戦いという感じで、レースを戦えていない。

最終戦の瀬女までには少し時間があるので、身体の状態を整える事とトレーニングのバランスを上手くとって限られた時間の中で最善を尽くしたい。
瀬女では力一杯走れる事を目指して・・・

今回も、直接力を貸して下さった方々、応援して下さった方々、見守って下さった方々、沢山の方々のお陰で走りきる事が出来ました。


◆中込 由香里



Photo by 信州ふぉとふぉと館





Photo by 信州ふぉとふぉと館






Photo by 信州ふぉとふぉと館
 ◆Resalt

 ●女子エリート XCO 4km x6

1

片山 梨絵

チームSPECIALIZED

1時間3318秒37

3

田近 郁美

Godhill 1時間42分13秒43
4位 中込 由香里 team SY-Nak SPECIALIZED 1時間44分20秒40

 ●男子エリート XCO 4km x 7 

1

小野寺 健

チームSPECIALIZED

1時間49分05秒70

2

斉藤 亮

チームCORRATEC 1時間50分04秒64

3

山本 和弘 キャノンデールR 1時間52分38秒90
 
Photo by 信州ふぉとふぉと館


※本掲載記事の許可ない転載は禁止します。
(C) 2011 sy-nak All rights reserved