第27回 ツール・ド・八ヶ岳 2013


日時:2013413日(土)〜14日() 
天候:晴れ 
気温10


主 催  ツール・ド・八ヶ岳実行委員会
     (構成団体-佐久穂町、佐久穂町観光協会、佐久穂町商工会、 佐久穂町商工会青年部)
協 力  佐久建設事務所、佐久警察署、北部消防署、佐久町交通安全協会、佐久町女性道の会、
     信州佐久穂風景街道推進協議会、JA佐久浅間、南佐久北部森林組合、八千穂高原区、
     陽だまりの家
協 賛  パナソニックサイクルテック(株)、(株)ミヤタサイクル、(株)深谷産業、グローブライド(株)、
     (株)オージーケーカブト、(株)ツクイ企画、 (株)ウベックススポーツジャパン、
     (株)Champion System Japan、 (株)ロータスインターナショナル、(株)パールイズミ
      ビクトリノックス、ジャパン(株)ウェンガー事業部、(株)エーゼット、 ファクトリーギヤ(株)、
    (株)HAMASHO、(株)エントリージャパン、 (有)ポーダック スフィーダ・サイクル事業部、
    (株)マトリックス、 (株)トーマス17バイシクル事業部
運営事務局 (有)ライジング出版
競技委員長 安原昌弘(チーム マトリックス・パワータグ監督)
計 測     (株)マトリックス
M C     加藤さやか
音   響  (有)ズンジャパンコミュニケーション
招待選手 チームマトリックス・パワータグ
       中込辰吾・由香里(team SY-Nak)




大会オフィシャルHP

 



BIKE:SPECIALIZED S-Works Amira SL4 Compct
ペダル:Look keo ブレードカーボン
ウェア:Wave one
アイウェア:adidas evil eye halfrim pro S
心拍計:Polar RCX5
コンディショニング:アスリートネット湘南

毎年八ヶ岳方面の本格的自転車シーズンの訪れを告げる「ツール・ド・八ヶ岳」
今回も私達はゲスト参加させて頂いてきました。


SY-Nak cabin も大にぎわい。
一緒にレースに参加させて頂く為に宿泊して下さる皆様には色々御協力ありがとうございます。
多勢の仲間と一緒にレース参加出来る事をとても嬉しく思っています。

今シーズンのロードバイクは2013モデルのアミラ。
初めて自分のバイクに「ナヌーク」という名前を付けたお気に入りバイクでの初レース。

このオフシーズンにはローラー代でのパワークランクトレーニングにより、これまで上手く使えていなかった右脚の使い方がだいぶ改善された感触を持てていた。
開幕からドン!と行けるトレーニングはしていないものの、シーズンの良いイメージを掴みたいレースである。

今年は雪の問題も無く、頂上まで行く事が出来た。
スタートする頃には気温も上がってきて絶好の気象条件のように思えた。毎年必要なレッグウォーマーも外してスタート。

予想外に向い風が強くて、上り坂+向い風で例年以上に沢山の負荷がかかるレースとなった。
タイムも全般的に低調で、タイムを狙ってスタートした人達にとっては厳しい条件。
きつさや向い風にめげそうになっても、皆が頑張っているレースは頑張りがきく。
自分もタイムは全然良くなかったけれど走りは悪くなかったと思う。
ここをベースに、今後のヒルクライムレース、MTBレースに必要なトレーニングを積んでいきたい。

女子は総じて35歳以上のBクラスの方が、若いAクラスよりもタイムが良かったので、若い女子選手達には特にもう少し頑張ってもらいたいものだ。
勿論熟女達も負けてはおれませんが。

今回は毎年このレースに参加しているクラブ員の結婚式があり、表彰式後には、会場に集まった皆様からの「おめでとう!」を頂けた。
御協力ありがとうございました!

ジャンケン大会も地元の豪華商品満載で盛り上がった。
地元に歓迎され、その地方地方ならではの特色が活かされている大会はとても好感が持てる。

大会関係者の皆様、一緒に御参加して下さった皆様、ありがとうございました!







ゴール付近は、まだ1m以上の雪の壁





Photo by S.Nakajima




◆Resalt
 ●男子チャンピオンクラス
1位 矢部 周作 PPP 1時間6分9秒
1位 風間 弘之 サイクルフリーダム 1時間6分30秒
2位 田平 岳史 ワンダーサイクリング
1時間6分30秒
 ●女子総合
OPN 中込 由香里 team SY-Nak 1時間20分46秒
1位 吉永 佳子 1時間25分41秒
2位 袴田 美香 1時間26分41秒
レース後、表彰式でプレゼンターを勤める。