●MTBの為のロードトレーニング/ロードの為のMTBトレーニング

 
MTBの選手は毎日MTBばかり乗っているとは限りません。
特にロード練習は、かなりのパーセンテージでトレーニングスケジュールの中に取り入れている選手は沢山います。
特にテクニック面である程度完成されたワールドカップや世界選のトップクラスの選手達は、大部分がロードトレーニングが絞めている場合が多いのです。
我々も元々はロードレース出身なので、始めからその事に気づいていましたし、逆にMTBがロードレースのトレーニングにも有効である事も、早くから感じていました。
まずは意外と気づかれていないメンタル面だけ上げても

◆ロードのスピードに引っ張られる
オフロードを走るMTBと、オンロードを細いタイヤで走るロードレーサーでは、当り前の事ですが絶対スピードはロードレーサーの方が速い。
ロード練習をする事で、ロードでの体感スピードが体に染み付いてくると、例えば10%位の登りは、この位のスピードで走れる筈だと言う感覚が出来て来ます。
そうなると絶対スピードの遅いMTBでも体の感覚に引っ張られ、知らず知らずのうちに速く走れてしまうと言う訳です。

◆トレーニングのレパートリーが増えて飽きない
単純な様ですが、この飽きないと言うのは大切な事です。
よほど強靭な精神力の持ち主か、高い目標を持ち続けられる人でもない限り、どうしてもトレーニングに集中できない時はあるものです。だからと言って、その度休んでいたのでは強くなれないし、形の上でやったとしても集中していなければ中身のないものになってしまいます。MTBで自然の中を走る気持ち良さ、ロードレーサーで滑るようなスピードで走る爽快さ。
上手く組み合わせば、毎日充実したトレーニングが送れるはずです。
きっとトレーニングをさぼりたいなんて気持ちはなくなるはず。

勿論メンタル的な面だけではなく、トレーニングの内容そのものもレパートリーが増え、練習内容も充実させられます。同じ自転車でもそれぞれ微妙に筋肉の使い方も違うので片方だけでは鍛えられない部分も補える様になります。
フォームが崩れる事を心配する人もいますが、他の器具を使ったトレーニング(ウェイト、インラインスケートなど)よりはフォームは近い訳だし、MTBで走る上でフォームは一定ではないから、それほど心配する事はありません。
MTBはテクニック面が重要である事は勿論ですが、基本はやはりエンジン=人間。
そして、その力を伝えるペダリング。きれいなペダリングを身につける為にはロードの方が向いています。
また、MTBでオフロードを走るトレーニングでは、心拍に合わせて走ることは難しいですが、オンロードであれば、計画通りのトレーニングができます。
とにかくMTBで勝つ為には、やるべき課題が多く大変ですが、それだけにやり甲斐のあるスポーツだと思います。


 目次    次のページ 

※本掲載記事の許可ない転載は禁止します。
(C) 2001 sy-nak All rights reserved